有機性廃棄物のリサイクル

複数のリサイクルルートで最適でリスクの少ないリサイクルを実現

有機性廃棄物は食品等の製造において継続的に発生するうえ、経時変化による腐敗等の特性により長期的な保管が難しいため、その処理を安定して行っていくことが生産活動においても重要なポイントとなる廃棄物です。廃棄物が有する栄養分を活かして飼料や肥料へとリサイクルされているケースは多いものの、排出時の品質管理の問題やリサイクル品の需要低下といった課題を抱えていることから、排出方法や処理委託先の見直しを行っていく必要が生じています。その種類は非常に多岐にわたり、紛体から液体まで、性状のバラつきも大きいため、廃棄物の内容に適した処理方法やリサイクル用途を選択しなければなりません。

リヴァックスは従来からの用途である肥料に加え、需要の大きなエネルギーとしての用途にも着目し、様々な種類の有機性廃棄物に対応するリサイクルルートを構築しています。大きな減容能力を有する自社中間処理施設を中心としたリサイクルルートとこれまでの豊富な取り扱い実績から創り上げたノウハウを活用し、廃棄物の内容や発生状況に合わせた最適な処理方法やリサイクル用途を提案することが可能です。また、複数のリサイクルルートをセットにしたリスク分散型契約にも対応します。

受け入れ対象物

  • 活性汚泥
  • スカム
  • グリストラップ
  • 食品製造工程で発生する泥状物
  • 植物性抽出粕
  • 野菜くず
  • 果物くず
  • おから
  • その他食品残渣物
  • 廃飲料液
  • 廃牛乳
  • 廃果汁
  • その他動植物由来の廃液

リサイクルプラン