無機性廃棄物のリサイクル

埋立処分からリサイクルへ

無機汚泥や燃え殻などの無機性廃棄物は、そのまま管理型埋立処分場での処分が可能なため、いまだリサイクルされず埋立処分されていることが多く、工場のリサイクル率の低下や埋立処分場をひっ迫させる要因の一つとなっている廃棄物です。また、他の廃棄物と比べ、発生量が非常に多く、生産工程の副産物であるケースが多いため、委託先の制限やトラブルが直接生産活動に影響を与えてしまうリスクが大きいことも特徴です。
そのため、すでにリサイクルを行っている場合であっても、複数の委託先の確保によりリスク分散を行っておく必要があります。ただし、これらの廃棄物はもともとの使用資材や発生工程により有害物質を含む可能性もあることから、処理コストだけではなく、その廃棄物に適した処理工程や使用用途であるかを判断しなければなりません。リヴァックスでは、サンプルや分析結果を基に判定を行い、リサイクル化自体の是非も含めて、複数のリサイクル先から貴社にとって最適な委託先を提案させて頂くことが可能です。

受け入れ対象物

  • 排水処理後の脱水汚泥
  • 酸洗スラッジ
  • 研磨スラッジ
  • 珪藻土
  • 炭酸カルシウム
  • その他生産工程で発生する無機性の副産物
  • ダスト類
  • 焼却灰
  • 活性炭
  • 各種スラグ
  • 鋳物砂
  • ブラスト粉
  • コンクリート屑
  • がれき類等

リサイクルソリューション

無機性廃棄物の受け入れ対象物について

このサービスの受入対象物は無機性廃棄物です。無機性廃棄物とはカルシウムやケイ素、鉄分など無機物から成る廃棄物の分類です。産業廃棄物では汚泥、燃え殻、ばいじん、鉱滓、ガラスくず・陶磁器くず・コンクリートくず、がれき類が該当します。窯業や土石製品製造、鉄鋼業、金属加工、化学工業などの製造工程の副産物として発生するものと高炉や焼却炉などの構造物の更新や工作物の解体によって発生するものがあります。臭気や腐敗性がなく廃棄物としては安定していますが、組成は様々で反応性のある物質や有害物質を含むものも多く存在するため、取り扱いには注意が必要です。セメント原料や土木資材としてリサイクルされるケースが多いですが、希少な金属成分などを含むものもあり、他業種での原料として価値を有する可能性があります。

無機性廃棄物のリサイクルサービスはこんなひとにおすすめ

  • 現在埋立処分しているものがある
  • 排水処理施設から汚泥が大量に発生している
  • 生産副産物の汚泥が大量に発生している
  • 集塵設備からダストが大量に発生している
  • 炉の補修工事で耐火レンガなどの廃棄物が定期的に発生する
  • リスク分散のために定常的に複数のルートを確保しておきたい
  • 処分コストをもっと下げれないか検討したい
  • 重金属を含む廃棄物を適正に処理できる委託先を確保したい

埋立からリサイクルへの変更、スポット的な大量発生物の処分ルートの確保、定期排出物のコストダウンを提案します。有害物質を含む廃棄物にも対応します。