CSRの考え方

企業の社会的責任

下の図は、当社が考えるCSR(企業の社会的責任)に基づいた行動を表したものです。企業の社会的責任とは、企業が社会にとって必要な存在となり、社会が企業の評価をし、社会と企業が共にお互いの持続性を考えながら取り組んでいくことではないかと考えています。

リヴァックスでは、経営理念・ミッションなどの根本的な考え方を基に、社会の変化やニーズを取り込み、経営計画や事業計画を策定し、事業活動を行います。 企業が事業を行う以上は、利益を追求する責任が発生しますが、単に利益だけにとらわれては、企業は存続することが困難になります。事業活動は、イノベーションを通じて効率化を進めるとともに、公正性(特に遵法性と透明性)を保つことが重要だと考えます。 そして、社会性の側面では、当社の事業内容や考え方を広く知っていただくために、HPなどのコミュニケーションツールを通じて、積極的に情報を開示しています。

また、取り組みが独善的にならないように、ステークホルダーと直接対話を行い、当社を評価いただく第三者委員会を開催しています。第三者委員会でいただいた様々な意見は、事業内容や取り組みに活かして次のステージを目指しています。

この事業性の側面と社会性の側面との呼応の中で、本業を通じた社会貢献が行われ、持続可能な社会の 構築へとつながっていくものだと思います。 また、これらの一連の流れは、個人と組織そのものの成長によって、さらに拡大・拡充されていくものであると思っております。

企業の社会的責任