リヴァックスマガジン

Vol.02(2012/11)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇ リヴァックスマガジン◇◆  Vol.02 11月14日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  リヴァックスマガジンは、排出事業者様の実務に関係する廃棄物関連の法律 の動向や自治体・行政の取り組み等について情報を集約し、毎月第2水曜日に 定期的にお届けさせていただきます。 【話題ネタ】 ┃1┃地球温暖化対策税の施行について ┃2┃食品廃棄物等の発生抑制の業種別目標値設定について ┃3┃平成24年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等    表彰受賞者が決定 ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ ┃1┃地球温暖化対策税の施行について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    平成24年4月1日に施行された改正租税特別措置法に「地球温暖化対策のため の課税の特例」が設けられ、10月1日より「地球温暖化対策税」が段階的に施行 されます。  地球温暖化への対応は地球規模の重要かつ喫緊の課題であり、低炭素社会の 実現に向けて、我が国では2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指 しています。(第4次環境基本計画:平成24年4月27日閣議決定)  地球温暖化対策税の考えとして、全化石燃料に対して、CO2排出量1トン当た り289円となるよう税率を設定(例えば、石油では1キロリットル当たり760円)。 また、急激な負担増を避けるため、税率は3年半かけて3段階に分けて引上げら れます。 【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://www.revacs.com/magazine/mm1114_01.html ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ ┃2┃食品廃棄物等の発生抑制の業種別目標値設定について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    食品リサイクル法では、食品製造等で生じる加工残さや売れ残り、食べ残し 等の「発生抑制」を行い、発生した食品廃棄物等については、飼料や肥料とし て「再生利用」に取り組むことで、廃棄処分を減らすとともに、環境負荷の少 ない循環型社会の構築を目指しています。 この中で、食品廃棄物等の「発生抑制」は、食品関連事業者の皆様が取り組 むべき最優先事項であり、コスト削減にも貢献する取り組みとされています。  今回、可食部分の廃棄処分が多く、発生抑制の重要性が高い16業種から先行 して発生抑制の目標値が設定されました。当面は暫定目標値として実施され、 2年経過後に改めて評価を行い、他の業種と併せて本格実施となります。 業種別目標値の一覧(平成24年4月からスタートの16業種)は以下よりご確認 ください。 http://www.revacs.com/magazine/mm1114_02.html ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ ┃3┃平成24年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等 ◇◆◇    表彰受賞者が決定 ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    平成24年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰がおこなわ れ、内閣総理大臣賞等の受賞者が発表されました。  リデュース・リユース・リサイクルのいわゆる3R(スリーアール)の推進に 貢献している個人、グループ、学校、事業所等を表彰するもので、毎年10月の 3R推進月間に表彰式が行われています。  本表彰は、リデュース・リユース・リサイクル推進協議会(会長:細田衛士 慶應義塾大学教授)の主催によるもので、経済産業省など関係7省が後援して います。 【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://www.revacs.com/magazine/mm1114_03.html ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ 直近に発表された環境省や農水省からの通知や報道発表資料等の  ◇◆◇ 一部をご紹介します。 ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆平成24年度「小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業」の 公募について(お知らせ) http://www.revacs.com/magazine/mm1114_04.html ◆産業構造審議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会レアメタルの リサイクルに係る中間取りまとめ http://www.revacs.com/magazine/mm1114_05.html ◆中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会小型電気電子機器リサイクル制度 及び使用済製品中の有用金属の再生利用に関する 小委員会「使用済製品の 有用金属の再生利用の在り方について (第二次答申)」の環境大臣への 答申について(お知らせ) http://www.revacs.com/magazine/mm1114_06.html ◆放射性物質汚染対処特措法施行規則第26条第4項及び附則第4条の規定 による環境大臣が定める要件に対する意見の募集(パブリックコメント) について (お知らせ) http://www.revacs.com/magazine/mm1114_07.html ◆平成24年度地域主導による再生可能エネルギー導入のための緊急支援 事業委託業務の公募について(お知らせ) http://www.revacs.com/magazine/mm1114_08.html ◆平成24年度「3R先進事例発表会」、「資源循環技術・システム表彰式」 http://www.revacs.com/magazine/mm1114_09.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆バックナンバーはこちら→ http://www.revacs.com/download.html ◆リヴァックスの業務内容 ▼都市部近郊型で阪神間最大級の処理施設を保有  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    リスクマネジメントが実現可能  処理施設が都市部近郊にあることで効率の良い運搬が可能。阪神間最大級の 乾燥処理施設(100t/日)で汚泥・残さ・廃液をバイオマス資源へリサイクル。 セメント工場等でボイラー燃料や、肥料の原料として使用します。今の処理方法 にリヴァックスのリサイクル処理を組み合わせ、リスクマネジメントを実現 しませんか。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_dry.html   ▼安心・確実な廃棄飲料処理・食品リサイクル法にも対応  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  回収した廃棄飲料は専用の積替え保管施設(RMC:リバース・マネジメント センター)で保管(最大約300パレット保管可能)。処理は素早く固液分離し、 社名・ブランド名入りの容器は確実に破砕・滅却。液体は乾燥処理し バイオマス資源にリサイクルします。 食品リサイクル法にも対応可能な処理方法です。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_inryou.html ▼自社規定の清掃手順に基づいた排水処理施設の清掃  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001を2008年認証取得  排水処理施設やタンクに汚泥が溜まると、処理機能の低下を招いたり、悪臭の 原因にもなります。酸素欠乏・硫化水素作業主任者技能取得を修了した有資格者 が自社規定の清掃手順に基づき、沈殿槽・原水槽等の排水処理後施設や側溝、 各種配管などの多様な清掃を行います。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_vehl.html#pit ▼混載物も確実に分別・破砕処理  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  Webカメラにて処理の様子を閲覧可能  廃棄物を社内で分別するには、手間とコスト、そして場所の確保が必要です。 リヴァックスではリサイクルの前処理として廃プラスチック、紙くず、金属くず、 がれき等の廃棄物を種類ごとに選別し破砕。その後、RPF化、セメント原燃料化 等の各種リサイクル・適正処理を行います。破砕処理の様子は施設内に設置した webカメラを通して弊社ウェブサイトからいつでもご覧いただけます。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_crsh.html ▼お客様のニーズに合わせた廃棄試薬処理  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  試薬1本から10t以上の有機溶剤廃液も対応可能  各種車両や専門知識を有した作業員によりお客様の様々なニーズに合わせた 回収が可能。取扱いが困難な内容不明物の薬品でも、しっかりと分析をおこない 適正処理をご提案いたします。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_top.html ▼幅広い処理品目で、どんなものでも処理可能  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  関西最大級のリサイクルネットワークを保有  約60社のリサイクル会社や運搬会社と提携。幅広いリサイクルネットワーク により、今まで処理が困難だったものでも廃棄物の品目や性状に合わせた 最適な運搬や処理方法をご提案いたします。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_cont.html#tc ◆廃棄物に関するご相談受付   お電話: 0798-47-7626   W E B : http://www.revacs.com/inq/index.html ※本メールは、お名刺交換いただいた方へお送りしております。  配信中止ご希望の方は、お手数ですがご一報頂けると幸いです。 ※本メールに関するお問い合わせは、このメールへのご返信で承ります。   ━□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【発行元】株式会社リヴァックス  【U R L 】http://www.revacs.com 【連絡先】〒663-8142 兵庫県西宮市鳴尾浜2丁目1番16号       TEL:0798-47-7626  FAX:0798-41-5680 【担当者】石田・小谷口 (C) Copyright REVACS Corporation All rights reserved. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━