リヴァックスマガジン

Vol.04(2013/01)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇リヴァックスマガジン◇◆  Vol.04 1月16日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  リヴァックスマガジンは、排出事業者様の実務に関係する廃棄物関連の法律の動向 や自治体・行政の取り組み等について情報を集約し、定期的にお届けさせていた だきます。 【話題】 ┃1┃産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成22年度実績)について ┃2┃産業廃棄物の不法投棄等の状況(平成23年度)について ┃3┃「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する基本方針案」等に対    する意見募集(パブリックコメント)について ┃4┃「省エネ・温暖化対策を通じた経営力向上のすすめ~中小企業のための    CO2排出量算定の新しい視点~」セミナーの開催について(環境省主催) ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ ┃1┃産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成22年度実績)について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  環境省から平成22年度における全国の産業廃棄物の排出量及び処理状況に関す る結果が発表されました。産業廃棄物の総排出量としては、前年比で約4百万ト ン(約1%)の減少となっています。 【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://www.revacs.com/magazine/mm0116_01.html ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ ┃2┃産業廃棄物の不法投棄等の状況(平成23年度)について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  環境省から全国の都道府県及び政令市における産業廃棄物の不法投棄及び不適 正処理事案(平成23年度)について、発表がありました。 概要は次のとおりです。 (1)平成23年度に新たに判明した不法投棄の件数は192件(前年度216件▲24件)   不法投棄量は5.3万トン(同6.2万トン▲0.9万トン)でした。 (2)平成23年度に新たに判明した不適正処理の件数は183件(前年度191件▲8件)   不適正処理量は120.9万トン(同6.4万トン+114.5万トン)でした。 【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://www.revacs.com/magazine/mm0116_02.html ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ ┃3┃「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する基本方針案」        に対する意見募集(パブリックコメント)について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  使用済み小型電子機器類の再資源化を促進することを目的とした法律が制定 されましたが、今回、「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する基本 方針案」等が発表され、平成25年1月24日(木)までの間、パブリックコメント が実施されています。 【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://www.revacs.com/magazine/mm0116_03.html ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ ┃4┃「省エネ・温暖化対策を通じた経営力向上のすすめ        ~中小企業のためのCO2排出量算定の新しい視点~」セミナー        の開催について(環境省主催) ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  環境省主催による温室効果ガス排出量の算定・報告に関するセミナーが開催 されます。  このセミナーでは、企業における温室効果ガス排出量の把握や省エネ・温暖 化対策を経営力向上に役立てていただくことを目的とし、先進事例の発表に加 えて、『中小企業温暖化対策推進ガイドライン』及び算定ツールと事業者向け 補助事業等を紹介する内容となっています。 日時 : 1月17日(木)大阪      1月18日(金)名古屋      1月21日(月)東京  いずれも14:00開始 【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://www.revacs.com/magazine/mm0116_04.html ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆◇ 直近に発表された環境省や農水省等からの通知や報道発表資料等の  ◇◆◇ 一部をご紹介します。 ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆環境省主催「CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2013」の開催について http://www.revacs.com/magazine/mm0116_05.html ◆港湾における船内廃棄物の受入に関するガイドライン http://www.revacs.com/magazine/mm0116_07.html ◆我が国におけるびんリユースシステムの在り方に関する検討会 http://www.revacs.com/magazine/mm0116_08.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆バックナンバーはこちら→ http://www.revacs.com/download.html ◆リヴァックスの業務内容 ▼都市部近郊型で阪神間最大級の処理施設を保有  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    リスクマネジメントが実現可能  処理施設が都市部近郊にあることで効率の良い運搬が可能。阪神間最大級の 乾燥処理施設(100t/日)で汚泥・残さ・廃液をバイオマス資源へリサイクル。 セメント工場等でボイラー燃料や、肥料の原料として使用します。今の処理方法 にリヴァックスのリサイクル処理を組み合わせ、リスクマネジメントを実現 しませんか。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_dry.html   ▼安心・確実な廃棄飲料処理・食品リサイクル法にも対応  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  回収した廃棄飲料は専用の積替え保管施設(RMC:リバース・マネジメント センター)で保管(最大約300パレット保管可能)。処理は素早く固液分離し、 社名・ブランド名入りの容器は確実に破砕・滅却。液体は乾燥処理し バイオマス資源にリサイクルします。 食品リサイクル法にも対応可能な処理方法です。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_inryou.html ▼自社規定の清掃手順に基づいた排水処理施設の清掃  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001を2008年認証取得  排水処理施設やタンクに汚泥が溜まると、処理機能の低下を招いたり、悪臭の 原因にもなります。酸素欠乏・硫化水素作業主任者技能取得を修了した有資格者 が自社規定の清掃手順に基づき、沈殿槽・原水槽等の排水処理後施設や側溝、 各種配管などの多様な清掃を行います。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_vehl.html#pit ▼混載物も確実に分別・破砕処理  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  Webカメラにて処理の様子を閲覧可能  廃棄物を社内で分別するには、手間とコスト、そして場所の確保が必要です。 リヴァックスではリサイクルの前処理として廃プラスチック、紙くず、金属くず、 がれき等の廃棄物を種類ごとに選別し破砕。その後、RPF化、セメント原燃料化 等の各種リサイクル・適正処理を行います。破砕処理の様子は施設内に設置した webカメラを通して弊社ウェブサイトからいつでもご覧いただけます。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_crsh.html ▼お客様のニーズに合わせた廃棄試薬処理  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  試薬1本から10t以上の有機溶剤廃液も対応可能  各種車両や専門知識を有した作業員によりお客様の様々なニーズに合わせた 回収が可能。取扱いが困難な内容不明物の薬品でも、しっかりと分析をおこない 適正処理をご提案いたします。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_top.html ▼幅広い処理品目で、どんなものでも処理可能  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  関西最大級のリサイクルネットワークを保有  約60社のリサイクル会社や運搬会社と提携。幅広いリサイクルネットワーク により、今まで処理が困難だったものでも廃棄物の品目や性状に合わせた 最適な運搬や処理方法をご提案いたします。  詳細はこちら→ http://www.revacs.com/services_cont.html#tc ◆廃棄物に関するご相談受付   お電話: 0798-47-7626   W E B : http://www.revacs.com/inq/index.html ※本メールは、お名刺交換いただいた方へお送りしております。  配信中止ご希望の方は、お手数ですがご一報頂けると幸いです。 ※本メールに関するお問い合わせは、このメールへのご返信で承ります。   ━□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【発行元】株式会社リヴァックス  【U R L 】http://www.revacs.com 【連絡先】〒663-8142 兵庫県西宮市鳴尾浜2丁目1番16号       TEL:0798-47-7626  FAX:0798-41-5680 【担当者】石田・小谷口 (C) Copyright REVACS Corporation All rights reserved. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━