リヴァックスマガジン

vol.24(2014/09)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇リヴァックスマガジン◇◆  Vol.24 9月10日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  リヴァックスマガジンは、排出事業者様の実務に関係する廃棄物関連の法律の動向 や自治体・行政の取り組み等について情報を集約し、定期的にお届けさせていた だきます。 【話題】 ┃1┃平成26年6月環境経済観測調査(環境短観)について ┃2┃国土交通省「建設リサイクル推進計画2014」について ┃3┃家電リサイクル法に基づく立入検査の実施状況について(平成25年度分) ┃4┃平成25年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     ┃1┃平成26年6月環境経済観測調査(環境短観)について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  環境省が、半年ごとに実施している「環境経済観測調査」について、平成26年 6月の調査結果を公表しました。  調査結果によれば、環境ビジネスの業況DIは「22」と、前回の平成25年12月調 査の「17」よりも増加し、全ビジネスのDI「12」と比べても高く、引き続き業況 は好調さを維持。また、先行きについては、半年先、10年先ともに引き続き業況 は良くなるとの見通しを維持しており、環境ビジネスの4大項目※の中では、地球 温暖化対策分野の業況DIが全体を牽引しています。 ※環境汚染防止分野、地球温暖化対策分野、廃棄物処理・資源有効利用分野、  自然環境保全分野  【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://f.msgs.jp/r/c.do?tM_1bY_1g_rrz ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     ┃2┃国土交通省「建設リサイクル推進計画2014」について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  国土交通省が、建設リサイクルの推進に向けた基本的考え方、目標、具体的施 策をまとめた「建設リサイクル推進計画2014」を策定し公表しました。  この計画は、国や地方公共団体から民間事業者も含めた建設リサイクルの関係 者が今後中期的に建設副産物のリサイクルや適正処理等を推進することを目的と しています。   <建設リサイクル推進計画2014のポイント>  ・建設副産物の物流状況を毎年モニタリングし、現場分別・再資源化・再生資材  利用が不十分な者に対して、その促進を要請 ・建設発生土の官民一体となったマッチングを強化し、その有効利用を促進 ・建設副産物の再資源化率等に関する平成30年度目標値を設定し、建設リサイ  クルを一層推進  【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://f.msgs.jp/r/c.do?tN_1bY_1g_rrz ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     ┃3┃家電リサイクル法に基づく立入検査の実施状況について        (平成25年度分) ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  環境省が、平成25年度における特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法) 第53条に基づく小売業者への立入検査の実施状況をまとめました。  環境省及び経済産業省では、平成25年度に小売業者に対する立入検査を444件実 施し、そのうち、270件の立入検査において、のべ579件の指導等を実行しました。  【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://f.msgs.jp/r/c.do?tO_1bY_1g_rrz ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     ┃4┃平成25年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書について ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  環境省が、「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」に基づき、 平成25年度におけるオゾン層の状況、オゾン層破壊物質等の大気中濃度等に関す る監視結果を年次報告書として取りまとめました。  オゾン層の状況として、地球規模のオゾン全量は、1980年代から1990年代前半 にかけて大きく減少しましたが、その後減少傾向は緩和されています。 1990年代後半からはわずかな増加傾向がみられるものの、衛星による観測を開始 した1979年に比べて現在も少ない状態が続いています。  【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://f.msgs.jp/r/c.do?tP_1bY_1g_rrz ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇               セミナー・イベント情報  ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇ ★ 平成 26 年度バイオマス活用アドバイザー養成研修   (主催:一般社団法人日本有機資源協会) └──────────────────────────────────  一般社団法人日本有機資源協会は、バイオマスに関する最新の政策や施策、 バイオマス活用技術といったアドバイザーとして必要な知識および技術の習 得を目的とした講義・実習を行います。  【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://f.msgs.jp/r/c.do?tQ_1bY_1g_rrz ★ 第4回 メタン発酵技術アドバイザー養成研修   (主催:一般社団法人日本有機資源協会) └──────────────────────────────────  一般社団法人日本有機資源協会は、バイオマスの有効利用促進と持続可能 な循環型社会の構築を目的に人材育成事業をはじめ様々な事業を展開してい ます。一昨年度よりバイオガス事業を推進する人材の育成を目的として「メ タン発酵技術アドバイザー」の養成研修を開始し、本年度も実施します。  【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://f.msgs.jp/r/c.do?tR_1bY_1g_rrz ★ 平成26年度 鳥取環境大学特別企画   秋シンポジウム「低炭素社会の実現に向けて~廃棄物処理と余熱利用~」   (主催:廃棄物工学研究所) └──────────────────────────────────  本シンポジウムは、廃棄物処理に焼却施設が不可欠な施設であることを認 識し、焼却による余熱を最大限活用して、付加価値をもった施設にしていく ためにはどうしたら良いのかという視点で開催されます。各関係者から廃棄 物処理に伴う余熱利用の推進策、余熱利用の具体的な事例、エネルギー回収 を向上するための技術等が解説され、その後「低炭素社会の実現に向けて」 をテーマに議論がされます。  【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://f.msgs.jp/r/c.do?tS_1bY_1g_rrz ★ RADIEX2014 (環境放射能対策・廃棄物処理国際展)   (主催:環境新聞社) └──────────────────────────────────  本展示会は、テーマを「復興事業と連携した環境放射能対策へ!」と設定 し、名称も「環境放射能除染・廃棄物処理国際展」から『環境放射能対策・ 廃棄物処理国際展』へと改め、より総合的な展示会として開催されます。 ■ 日  時:2014年9月24日(水)~26日(金)〈3日間〉10:00~17:00 ■ 会  場:科学技術館展示ホール(東京都千代田区北の丸公園2番1号)  【詳しくはこちらをご参照ください。】 http://f.msgs.jp/r/c.do?tT_1bY_1g_rrz ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     直近に発表された環境省や農水省等からの通知や報道発表資料等の      一部をご紹介します。 ◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆「都市鉱山」11%減 資源再生に機器小型化の逆風 13年度、海外での回収に  活路(日本経済新聞) http://f.msgs.jp/r/c.do?tU_1bY_1g_rrz ◆「今後の食品リサイクル制度のあり方について(案)」に対する意見を提出  しました(日本生活協同組合連合会) http://f.msgs.jp/r/c.do?tV_1bY_1g_rrz ◆オゾン層保護対策推進月間の取組について http://f.msgs.jp/r/c.do?tW_1bY_1g_rrz ◆平成27年度環境保全経費の見積りの方針の調整の基本方針について http://f.msgs.jp/r/c.do?tX_1bY_1g_rrz ◆平成26年度我が国循環産業の国際展開に資するCO2削減技術効果検証業務の  対象事業の選定結果について http://f.msgs.jp/r/c.do?tY_1bY_1g_rrz ◆南海トラフ巨大地震と災害廃棄物処理(日本環境衛生センター) http://f.msgs.jp/r/c.do?tZ_1bY_1g_rrz ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ リヴァックスのEメールニュースは、弊社やグループ会社のCSR活動や 産業廃棄物に関する各種お知らせについてお送りするものです。 ◆バックナンバーはこちら→ http://f.msgs.jp/r/c.do?u0_1bY_1g_rrz ◆リヴァックスの業務内容 ▼リヴァックス無料WEBセミナーを開催中  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 産業廃棄物について知りたいけど、セミナーや講演に行くには時間がない! リヴァックスの無料WEBセミナーなら、時間と場所を選ばず、パソコンさえあれば 受講することが可能です。 簡単な登録だけで受講でき費用は掛かりません。 まずは弊社サイトでサンプルムービーをご覧ください。  詳細はこちら→ http://f.msgs.jp/r/c.do?u1_1bY_1g_rrz ▼都市部近郊型で阪神間最大級の処理施設を保有  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   リスクマネジメントが実現可能  処理施設が都市部近郊にあることで効率の良い運搬が可能。阪神間最大級の 乾燥処理施設(100t/日)で汚泥・残さ・廃液をバイオマス資源へリサイクル。 セメント工場等でボイラー燃料や、肥料の原料として使用します。今の処理方法 にリヴァックスのリサイクル処理を組み合わせ、リスクマネジメントを実現 しませんか。  詳細はこちら→ http://f.msgs.jp/r/c.do?u2_1bY_1g_rrz ▼安心・確実な廃棄飲料処理・食品リサイクル法にも対応  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 回収した廃棄飲料は専用の積替え保管施設(RMC:リバース・マネジメント センター)で保管(最大約300パレット保管可能)。処理は素早く固液分離し、 社名・ブランド名入りの容器は確実に破砕・滅却。液体は乾燥処理し バイオマス資源にリサイクルします。 食品リサイクル法にも対応可能な処理方法です。  詳細はこちら→ http://f.msgs.jp/r/c.do?u3_1bY_1g_rrz ▼自社規定の清掃手順に基づいた排水処理施設の清掃  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001を2008年認証取得  排水処理施設やタンクに汚泥が溜まると、処理機能の低下を招いたり、悪臭の 原因にもなります。酸素欠乏・硫化水素作業主任者技能取得を修了した有資格者 が自社規定の清掃手順に基づき、沈殿槽・原水槽等の排水処理後施設や側溝、 各種配管などの多様な清掃を行います。  詳細はこちら→ http://f.msgs.jp/r/c.do?u4_1bY_1g_rrz ▼混載物も確実に分別・破砕処理  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ Webカメラにて処理の様子を閲覧可能  廃棄物を社内で分別するには、手間とコスト、そして場所の確保が必要です。 リヴァックスではリサイクルの前処理として廃プラスチック、紙くず、金属くず、 がれき等の廃棄物を種類ごとに選別し破砕。その後、RPF化、セメント原燃料化 等の各種リサイクル・適正処理を行います。破砕処理の様子は施設内に設置した webカメラを通して弊社ウェブサイトからいつでもご覧いただけます。  詳細はこちら→ http://f.msgs.jp/r/c.do?u5_1bY_1g_rrz ▼お客様のニーズに合わせた廃棄試薬処理  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 試薬1本から10t以上の有機溶剤廃液も対応可能  各種車両や専門知識を有した作業員によりお客様の様々なニーズに合わせた 回収が可能。取扱いが困難な内容不明物の薬品でも、しっかりと分析をおこない 適正処理をご提案いたします。  詳細はこちら→ http://f.msgs.jp/r/c.do?u6_1bY_1g_rrz ▼幅広い処理品目で、どんなものでも処理可能  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 関西最大級のリサイクルネットワークを保有  約60社のリサイクル会社や運搬会社と提携。幅広いリサイクルネットワーク により、今まで処理が困難だったものでも廃棄物の品目や性状に合わせた 最適な運搬や処理方法をご提案いたします。  詳細はこちら→ http://f.msgs.jp/r/c.do?u7_1bY_1g_rrz ◆廃棄物に関するご相談受付 お電話: 0798-47-7626 W E B :http://f.msgs.jp/r/c.do?u8_1bY_1g_rrz ━□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【発行元】株式会社リヴァックス  【U R L 】http://f.msgs.jp/r/c.do?u9_1bY_1g_rrz 【連絡先】〒663-8142 兵庫県西宮市鳴尾浜2丁目1番16号      TEL:0798-47-7626  FAX:0798-41-5680 【担当者】松尾 仁美 (C) Copyright REVACS Corporation All rights reserved. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━