食品リサイクル

動植物性残渣・食品廃棄物のリサイクル処理サービス

リヴァックスでは、食品関連企業様の製造工程にて発生する動植物性の副産物や製造ロス等の食品廃棄物を受け入れ、破砕や乾燥等、様々な処理方法から最適な方法を選定し、組み合わせることでリサイクルを実現、各企業様の食品リサイクルの取り組みに貢献します。

サービスの特長

  • 食品リサイクル率アップに貢献
  • 袋入り、容器入り、包装済みの廃棄物もリサイクル可能
  • 複数の処理方法から最適なものを提案

リサイクル対象物

乳製品、レトルト食品、冷凍食品、缶詰、麺類、パン類、穀物、加工肉類、練り製品、水物、惣菜類、生鮮食品(水産、畜産、農産)、菓子類、冷菓類、etc

作業・見積もりの依頼やご相談などはお気軽にお問い合わせください。

0798-47-7626
フォームでのお問い合わせ

1営業日以内にご連絡させていただきます。

各工程の概要

破裂分別
破砕機で包装材と食品を分離させます。分離後の食品は食品リサイクル施設へと送られ、破砕された包装材は焼却処理を経てセメント原料としてリサイクルします。

食品リサイクル

乾燥処理
有機性汚泥等と一緒に乾燥機で乾燥処理します。乾燥後物はバイオマス資源として肥料原料にリサイクルします。
炭化処理
他の有機性廃棄物と一緒に乾燥後、炭化処理設備にて炭化させます。炭化物はバイオマス燃料・製鋼保温材等としてリサイクルします。
肥料化処理
他の有機性廃棄物と一緒に堆積発酵し、熟成期間を経て、有機分を多く含んだ堆肥としてリサイクルします。
メタン発熱処理
嫌気性発酵により有機性廃棄物からバイオガスを生成し、ガスを利用して発電を行います。発酵工程等で発生する残渣や汚泥は肥料原料としてリサイクルします。

対応エリアのご紹介

近畿二府四件に対応しております

【サービス対応エリア】

  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 岡山