貯留槽・側溝・配管・タンクの清掃

水処理施設の沈殿槽やタンク、会所や側溝配管の泥状物を引き抜き、清掃いたします。

サービス詳細サイトは→工場インフラに特化したサービスswellスエル

こんな時にも対応します

バルキング発生時
活性汚泥処理法で発生するバルキングや汚泥浮上による処理水質悪化時の処理水を吸引し処理。
高濃度廃液
製造ライン洗浄時におこる突然の高濃度の排水も回収処理。
配管内部清掃・点検
配管内部のカメラによる点検(排水管内検査用カメラで点検)や詰まりを解消するための管内清掃。
シーディング
廃水処理施設の立ち上げ時や状態不良時の復帰の時に行われるシーディング(種汚泥の運搬)

サービスの特徴

一度に大量の回収が可能です
大型の吸引車両があり、また都市部に積替保管施設・乾燥処理プラントを保有しているため、一度に大量の回収をすることができます。
収集・清掃・処理を一社で完結
汚泥の回収吸引、その後の高圧洗浄機を使った洗浄だけではなく、回収した汚泥の処分までを一社で行います。

清掃事例

処理前
処理後
作業内容
排水槽洗浄及び沈殿汚泥撤去作業
作業時間
約12時間
引取数量
約100トン
処理前
処理後
作業内容
原水ポンプ槽の洗浄及び沈殿汚泥撤去作業
作業時間
約1.5時間
引取数量
約6トン

お問い合わせから処理の流れ

  1. 1. お問い合わせ
    ご検討中の作業についてお聞かせください。(作業内容、施設の大きさなど)
  2. 2. 現地確認
    作業内容や引き取り数量の想定確認。安全作業実施のために、作業現場を確認し、必要に応じてサンプルの採取などもさせていただきます。
  3. 3. お見積り提示
    清掃作業、運搬・処分にかかる費用や作業工程についてご説明をさせていただきます。
  4. 4. ご契約
    ご契約後、作業実施となります。マニフェスト伝票(廃棄物管理票)の記入方法、作業日程の打ち合わせ、詳細確認を説明させていただきます。
  5. 5. 作業実施
    作業前の安全確認(酸素・硫化水素濃度等計測や高所・危険作業の安全対策)をしながら作業をおこないます。
  6. 6. 処理完了報告
    作業報告書の作成やマニフェスト伝票などの完了報告をさせていただきます。

安心の設備を保有

大型の高圧吸引車

高圧洗浄機を備えつけている大型高圧吸引車両を保有しています。脱臭機能付きなので、吸引時の臭気も低減します。

詳しくはこちら
積替保管施設

自社工場内に認許可を受けた産業廃棄物の積替保管施設があるので、一度に大量の引取りが可能です。

詳しくはこちら
阪神間最大級の乾燥施設

引き抜いた有機性の泥状物は自社の乾燥施設で高速乾燥。法律に則った適正処理をおこない、燃料や肥料へリサイクルします。

詳しくはこちら

お問い合わせ・リクエスト