リヴァックスにできること

産業廃棄物を適正に処理・リサイクルすること

産業廃棄物を処理するにあたって、排出事業者やその担当者には様々なことが要求されます。

  • コスト削減
  • 法律などのリスク回避
  • 管理業務のタスク低減
  • 特別な処理方法が必要な廃棄物の処理

リヴァックスなら、独自の徹底したコンプライアンス・IT技術・最新の処理プラントを徹底活用し、ベストなソリューションをご提示することが可能です。

コスト削減に貢献するリヴァックスの強み

阪神間最大級の乾燥処理プラント

産業廃棄物の処理コストには、廃棄物処理場への運搬費用が含まれます。このため、処理先が遠方の場合、処理費は安価であっても運搬費用がかかりすぎるため、処理費用全体では高額になってしまう場合があります。

リヴァックスは、汚泥・動植物性残さ等の有機性産業廃棄物のリサイクルプラントとしては、阪神間最大級の処理能力(100t/日)を 保有しているため、都市部からの運搬距離が短く、この輸送コストを低減できる可能性があります。

積替保管による小ロットの処理の対応と提携処理先への運搬

リヴァックスでは産業廃棄物の積替保管ができる許可のもと、専用の施設を保有しています。小ロットの廃棄物でもお引き取りができ、それを当社積替保管設備で一時保管後、大型車両で提携先へ運搬することにより運搬コスト削減に貢献します。

効率的な収集運搬によるコスト削減

リヴァックスでは、様々な収集運搬用の車両を保有し、お客様のニーズにお応えします。

例えば、4トン車とほぼ同じサイズで約2倍の積載量の8トン車により、最大積載量が従来の3トンから6~7トンに増えることで、通常の約2倍の廃棄物を一度に引取ることが可能となり、運搬コストを削減できます。

この他にも、状況やニーズに応じて様々な車両や機材を導入することで、収集運搬コストの低減を実現します。

リヴァックス独自の飲料製品の廃棄物処理サービス

リヴァックスでは独自の廃棄物処理設備や、廃棄される飲料専用の保管施設(リバースマネジメントセンター)を保有することで飲料製品の廃棄を効率よく行なうことが出来ます。

具体的には、焼却処理を施されることが多かった出荷期限切れなどの飲料製品を、リヴァックスの設備ならば、梱包資材、容器(ペットボトル・アルミ缶・紙パックなど)をそれぞれの素材に分別して破砕し、内容物である飲料(液体)を取り出すことが可能になります。

これによりダンボール・ペットボトル・アルミ缶・飲料(液体)を別々に最も効率よく処理することが可能となり、コストダウンを実現しています。

法律知識や処理ノウハウでお客様をサポートするリヴァックスの強み

現在の契約内容を第3者として評価

産業廃棄物の処理コストを長年見なおしていなかったり、担当者に任せきりだったりしませんか?

  • コストとして適正なのか?
  • 法令は遵守されているのか?
  • 契約内容にリスクはないのか?

意外と落とし穴があるかもしれません。
リヴァックスでは、お客様のご要望に合わせて委託先や契約内容の第3者評価を行っています。

提携先でご提案するリスク分散

廃棄物処理を1社にまかせていたり、常に同じ処理方法で行っていた場合、思わぬリスクが発生する場合があります。

  • お願いしていた業者に頼めなくなった
  • 法令が変更されて処理方法を変えなくてはいけなくなった
  • 頼んでいた業者や処理方法のコストが上がってしまった

このようなトラブルを回避するために、リヴァックスでは提携先の処分場と協力して、リスクの分散を行っていますので安心してご依頼いただけます。

廃棄物を一括管理するメリット

大規模な企業様の場合、各拠点や工場・店舗ごとに処理業者や方法を選んでいることも多く、報告をまとめるだけでも大変、実際にそれぞれが効率よく回せているかどうかを見ている余裕がない。ということはないでしょうか?

リヴァックスでは各拠点の廃棄物処理委託契約の状況を調査し、本部での管理一元化を行った場合の処理フローの設計、処理費用の御見積のご提案が可能です。

お客様のタスクを軽減するリヴァックスの強み

整理・片付け代行サービス

オフィスや工場、倉庫などの整理は、社内で行なうと他部署からの応援を要請する一大イベント。リヴァックスなら専門スタッフが仕分けから整理・廃棄物の搬出・処分までを丁寧に代行させていただきます。

特殊な廃棄物の処理サービス

薬品系廃棄物の処理

古くなってラベルが剥がれてしまったり、使用しない薬品の処理する方法がわからなくて困ったりしませんか?リヴァックスなら専門のスタッフが適切な処理方法で安全に処分します。

お問い合わせ・リクエスト